[HOME] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:147件/最大登録数:1000件
索引 分類 キーワード 条件: 表示:
No.159 RC造

鉄筋コンクリート構造の略。

索引【あ】 分類[建築用語] 登録日-2008/09/12 13:21

No.160 アンカーボルト

鉄骨部材や木造の土台をコンクリートに緊結するための埋込みボルト。

索引【あ】 分類[建築用語] 登録日-2008/09/12 13:23

No.110 遺産分割協議書

死亡に伴い、死亡者の遺産相続が発生します。その遺産の相続人が数名いる場合、その各自の権利に応じて相続分が決定されます。

遺産分割の協議方法としては、
@被相続人の遺言
A共同相続人の協議
B家裁の調停、審判等

があり、お互いに協議を重ねて各自の分割が決まります。
その書類を遺産分割協議書といいます。

索引【い】 分類[司法書士] 登録日-2006/12/29 13:31

No.95 一般媒介契約

複数の業者に並行して仲介を依頼できる媒介契約の一種です。
契約期間は3ヶ月。契約期間中でも、自ら買い手を見つけた場合は自分で相手と取引することが可能です。
一般媒介契約には、明示型(仲介業者同士を明らかにする義務有り)と非明示型(義務無し)があります。

索引【い】 分類[不動産用語] 登録日-2006/12/29 09:55

No.127 違約金

契約の際、契約当事者の一方に債務不履行があった場合に請求できる損害賠償のことで、その中でも契約時に(実際の賠償額に関わらず)あらかじめ予定していた賠償額のことを「違約金」といいます。これは一般の消費者を特に保護した規定で、宅建業者同士の場合は適用されません。
売主である宅建業者が違約金(賠償額含む)の総額を売買代金の2割以上を請求することは法律で禁じられています。

索引【い】 分類[不動産用語] 登録日-2007/02/17 13:17

No.147 遺留分

遺言書があっても、一定の相続人のために法律上必ず残しておかなければならない相続財産の一定の割合のことです。
これは、相続資格がありながら遺言書によって無視された場合、最低限主張出来る権利のことで、その割合は法律で定められています。

索引【い】 分類[司法書士] 登録日-2007/02/17 15:26

No.148 遺留分減殺請求権

遺言によって請求権を無視された者が、一定の割合で法的に認められている権利(遺留分)を請求することです。

索引【い】 分類[司法書士] 登録日-2007/02/17 15:27

No.133 印紙税

印紙税法により定められている「課税文書」を作成する際に支払う税金のこと。
住宅購入の際は、不動産契約書とローン借入の契約書(金銭消費貸借契約書)が「課税文書」にあたります。
契約書1通ごとに課税され、税額は契約の種類と記載金額により異なります。

索引【い】 分類[不動産用語] 登録日-2007/02/17 13:37

No.55 永小作権

小作料を支払って、他人の土地を耕作または牧畜することを目的とする土地の借用権利です。

索引【え】 分類[司法書士] 登録日-2007/02/08 09:28

No.162 SRC造

鉄骨鉄筋コンクリート構造の略。

索引【え】 分類[建築用語] 登録日-2008/09/12 13:26



管理者:日山ホーム -
- WebLibrary Ver0.89 -